世界中から最高の一品をあなたの為に!

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

営業カレンダー
* 赤字は休業日です。
202405
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
202406
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
エチオピアNW2022 アセファ【200g】
オススメ
限定品
商品コード: 10101

エチオピアNW2022 アセファ【200g】

通常価格:¥2,200 税込
¥1,900 税込
焙煎度の選択:
挽き方の選択(お任せの場合は中挽き):
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
Impression
エティオピア2022 ナショナル・ウィナー
ブルーベリーの華やかな香り
ハニーを思わせる優しい甘み
心地よい余韻が長く続きます。

ミディアム、ハイロースト, シティローストがオススメ

エチオピアはアラビカ種のコーヒーの原産地です。主にヨーロッパ人によって栽培が広められた中南米やアジア、アフリカのコーヒー生産国とはちがい、この国のコーヒーの歴史は森の中に自生する野生のコーヒーの木に始まり、日本の茶道のような「コーヒーセレモニー」という特有の文化が根付き、エチオピアコーヒーがもつ独特の風味は世界のコーヒー愛飲家を魅了しつづけてきました。
 一方、社会主義国であるエチオピアは規制も多く、未整備のインフラもあり、外国人が訪問するにはハードルが高く、コーヒーバイヤーたちにとっても未知の部分が多い、逆に言えば、潜在的な可能性に満ちた生産国でもあります。

アセファ氏はシダモ州にあるズリア地域のミリデ・カベレというところに約3ヘクタールほどの農地を所有し、コーヒーの木を栽培しています。
今回のナショナルウィナー入賞ロットは、エチオピア原種の選抜品種、74112という品種のコーヒーをナチュラルプロセスで仕上げたものです。
COEへの参加は今回で2度目でしたが、ナショナル・ウィナーに選出されました。

74112はJimma Zone(ジマゾーン)にあるJARK(Jimma Agricultural Research Center)で種子選別されたCBD(コーヒーベリーボーラーディジーズ)に耐性を持った品種の一つです。多品種を掛け合わせるのではなく、特定の栽培グループから選抜を繰り返して耐性を強化したものです。
こうしたCBD耐性品種が近年、COEの入賞ロットに多く選出されています。



Data
生産者: Asefa Amenu Garmamo
エリア: Bona Zuria / Sidama
品種: Variety 74112
精製処理方法: Natural Process
順位・スコア(評価点):86.39 points (36位)
コメント(AROMA/FLAVOR): Blueberry , Floral , Brown Sugar , Fruity , Bergamot, Berry, Black Cherry, Black Currant, Cocoa, Complex,
Dark Chocolate, Dried Dates, Green, Green Apple, Licorice-anise, Lime peel, Milk Chocolate, Nectarine, Peach,  
             Raspberry, Red Grape, Roasted Hazelnut
コメント(ACIDITY): Blackberry, Citric Acid, Grapefruit, Lemon & Lime, Lime peel, Tart, Tartaric
コメント(OVERALL): Creme brulee, Custard, Dark Chocolate, Stone Fruit


この商品は生豆250g単位での販売となります。
御希望の焙煎度にローストして発送します。
その為、焙煎後の重量は200g前後となります。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿